消費者金融の申し込みに収入証明は必要?

消費者金融に申し込みをする際には、収入証明が必要なのでしょうか。この点に関しては、条件によって必要かどうかが違ってきます。
消費者金融の場合は、総量規制の対象となっていることから、原則として年収の3分の1までしか借入をすることはできません。したがって、本来であれば収入の証明書が必要なのですが、これは借入金額が50万円を超える場合か、もしくは他社との借入合計金額が100万円を超えるかのいずれかの場合となっています。
そのため、借入金額が50万円以下の場合であれば、基本的に収入証明を提出する必要はありません。法律で義務付けられていないことから、多くの業者では提出を求めていないのです。
したがって、50万円以下なら正社員の人でなくても、アルバイトや契約社員、あるいは自営業の人でも容易に借り入れることができるわけです。今の時代は、そういった方法で働く人が増えていますから、消費者金融としてもサービス対象を拡大しているのです。
ただし、借入金額が50万円以下で収入の証明書が不要なのは、あくまで法律で義務付けられていないからであり、業者によってはたとえ50万円以下の申し込みであっても、収入証明を求める場合もあります。やはり、貸倒れをされてしまうリスクは抑えたいわけですから、利用者の年収を把握しておくことも重要なのです。
利用者としては、そのあたりを事前にしっかりと調べた上で、自分でも問題なく借りられるかどうかを考えるようにしましょう。
http://www.indianajonesgrandrex.com/