闇金相談は警察に行うべき?

お金に困ってしょうがなく闇金に手を出してしまったけれども、その後違法な金利などに悩まされている人も多く見られます。このようなときに警官に助けを求めたくなる人も多いでしょう。そもそも闇金は違法であり、警官は犯罪を取り締まる役割を持つことから、警官に相談すれば何とかなると思っている人も見られます。しかし警官には民事不介入という原則があり、闇金業者とは交渉できないケースも多々あります。
もしも警察に闇金の相談をする場合には、まずはきちんとどのような被害にあったのか、現状を含めて相談をすることが大切です。まず最初に借金の相談に来たという言い方ではなく、闇金の被害届を出しに来たとはっきりと伝えることが大切です。地域の派出所に出向くのではなく、警察署の生活経済課で相談をするようにしましょう。
警察で相談をする前に、闇金の名前、電話番号、振込先の口座番号、お金を受け取った日、金額、支払日をすべて書き出してから出向くと良いでしょう。
借金を返済していないという負い目や世間体を気にして、相談をためらう人もいます。しかし闇金にとって一番嫌なことは逮捕されることです。そのためあまり心配しないようにしましょう。しかし警官は闇金の対応は専門ではないということも頭に入れておきましょう。場合によっては証拠がないから対応できないと、積極的に対応してもらえないこともあります。
もしも借金の返済の交渉を行いたいのであれば、警官よりも弁護士や司法書士がよいでしょう。今まで支払ったお金を取り返せる可能性も高いので、相談する価値はあるでしょう。
闇金相談ヘルプデスク|ヤミ金被害の無料相談おすすめランキングはこちら